当社では不動産を遺す場合、遺された場合について税金的な視点、登記的な視点からアドバイスを提供いたします。

不動産を相続する場合の問題

おおよそ大半の日本人は大なり小なり不動産を保持しており、お子様に財産として不動産を遺す場合がほとんどです。

しかし、不動産相続には様々な問題が付きまといます。

  • 不動産はそのままでは分割できないため取り分で揉める
  • 遺す遺産が多い場合相続税がかかる
  • 生前贈与する場合は手続きが必要
  • 相続したけど登記をしていなくて実質的に使えない状態に
  • 所有している不動産を運用しているがお子様が遠方

当社では多くの相続事案を見てきた経験を活かして、なるべく税金のかからない、揉めない相続方法を提案いたします。

相続相談の費用について

相続相談は無料です。
提案が妥当であった場合は当社に以後の売却や運用をご指名頂ければ幸いです。