Eclipse 3.7 Indigo にSVN1.7対応版のSubversiveをインストールする

当社で使っている開発環境はEclipse + PDTで、
バージョン管理ソフトにSubversion1.7を利用しています。

日本語化とプラグイン構成が面倒なので Pleiades の全てパックになった版を
使っているのですがSubversion1.7に対応しておらず困っていました。

Pleiadesで採用されているSVNプラグインはSubversiveなのですが、
これが長いことSVN1.7対応しておらず、対抗馬のSubclipseに乗り換える人も
続出していたみたいです。

今日ふとSubversiveのWebページを確認してみたら2012/06/01に
バージョンが1.0台に上がってSubversion1.7に対応したみたいな英語の
文章が上がっていたのでアップデートインストールに挑戦してみました。

まずはじめはインストール方法ですが、公式ではEclipse3.8 Junoの
リポジトリからインストールすると良いデスヨと言ってる雰囲気なので
そちらから入れてみます。

まずは Eclipse起動→ツールバーのヘルプ→新規ソフトウェアのインストール  を選択。

Eclipse3.7の時点では Juno のリポジトリは存在しないため「追加」ボタンで
サイト名:Juno
アドレス:http://download.eclipse.org/releases/juno
の接続先を追加します。
Eclipse3.7なので3.8のリポジトリ使っていいのかわかりませんがとりあえず挑戦。

subversiveでフィルタをかけて「Subversive SVN チーム・プロバイダー」と
「Subversive SVN チーム・プロバイダー・ローライゼーション」を選択して
「次へ」を押下します。

あとは適当に次へ連打でインストールできました。

インストール完了後にEclipseの再起動を要求されました。

スクリーンショットを撮り忘れたのですが、
インストール完了後の再起動直後にSVNのクライアント選択画面みたいなのが
出てきます。
SVN1.6以前、SVN1.7以後、JavaHL2種の合計4種から複数選択だったと思います。

とりあえずSVN1.6以前とSVN1.7のクライアントを選択してOKしました。
さらに再起動を要求されました。

 

以上の設定で終わったと思ったのですがなぜかSVN1.6以前のリポジトリになってしまう現象が。

結局原因は「ウインドウ」→「設定」から
「チーム」→「SVN」を選択して
「SVNクライアント」タブの
SVNクライアントを「SVNKit1.7.x」系に変更することで動きました。

さっきの画面でSVN1.7系だけにしておけばこの問題は発生しなかった訳ですね。

 

とりあえずインストールして数回使ってみましたが動いているみたいです。
また不具合出たらレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です